Grepサブウィンドウ


Grepサブウィンドウ

GrepサブウィンドウではGrepの設定を行えます。
この設定は、Grep、Grep置換、シェイプGrep、シェイプGrep置換の処理に反映されます。
「高速モード」、「バックグラウンドで実行」、「アイドル時に実行」は
いずれか1つ選択可能で、処理モードを設定します。
いずれも選択していない場合は、通常モードになります。


「進捗」をチェックすると、進捗状況が表示されます。


各モードについて

・通常モード

通常のGrepになります。
処理中はExcelの操作ができません。
検索ヒット内容の途中経過が表示されます。

・高速モード

マルチコアCPUの場合に選択可能です。
並列に処理を行うことで、高速になります。
処理中はExcelの操作ができません。
検索ヒット内容の途中経過が表示されません。

・バックグラウンドモード

裏でGrepを実行します。
操作中のExcelはGrep終了を待たずに操作可能です。
検索ヒット内容の途中経過が表示されません。

・アイドルモード

指定した時間Excelの操作がないとGrepの処理を行います。
Grep処理中にExcelを操作するとGrep処理を中断して、
再び指定した時間Excel操作がないとGrep処理を再開します。
検索ヒット内容の途中経過が表示されます。


高速化

基本的にはGrep処理中は、Excelの操作が行えなくなるため、
Grep処理は速く終わって欲しいものです。
そこで高速化する方法を紹介します。

高速モードでは処理速度が4〜5倍になります。
お急ぎの方にはお勧めです。

マルチコアCPUでない場合は、高速モードが使用できません。
が、他にも高速化する方法があります。
「設定」タブの「動作」タブの「Grep経過オフ」にチェックを入れて、
通常モードでGrep処理を行うと、途中経過の検索ヒット内容が表示されなくなりますが、
高速モードに近い速さで処理されるようになります。



正規表現検索に戻ります

トップに戻ります


お探しの情報は見つかりましたか?
まだの方はこちらをどうぞ。
Google

PageTop