追加の命令サブウィンドウ


追加の命令サブウィンドウ

追加の命令サブウィンドウでは検索または置換実行後に行える追加の命令の設定を行います。
検索または置換を行ったセルに対して、任意のExcel VBA命令を実行できます。
Excel VBAの知識が必要になりますが、多くのことができるようになります。



使用方法

「プロパティ、メソッド」欄には、結果セルのプロパティまたはメソッドを入力します。
「値、引数」欄にはプロパティを設定する場合は、設定する値を前に=(イコール)を付けて入力します。
メソッドを実行する場合は、引数が必要であれば、引数を入力します。
この「値、引数」欄には複数の値や引数を入力できません。
「実行」チェックボックスをチェックすると、検索後に上記で入力した命令を追加で実行します。
命令が誤っていて実行できない場合は、実行しません。


使用例

検索したセルを黄色に塗りつぶすという追加の命令を実行してみます。

プロパティ、メソッド interior.colorindex
値、引数 =6


すべて検索ボタンを押すと、以下のようになりました。



その他の使用例

いくつか例を挙げます。

実行内容 プロパティ、メソッド 値、引数 備考
セルを枠線で囲む borders.linestyle =true
セルにコメントを追加する addcomment test 引数はコメントの内容。今回はtestとした。
行を削除する entirerow.delete 引数はなし
シート見出しを赤色に塗りつぶす parent.tab.colorindex =3 ブック全体検索にしてすべて検索


正規表現検索に戻ります

トップに戻ります


お探しの情報は見つかりましたか?
まだの方はこちらをどうぞ。
Google

PageTop