ver3.00の新機能詳細


ver3.00の変更点

簡易モード


左下の▲ボタンを押すと簡易モードになります。


左下の▼ボタンを押すと通常モードに戻ります。
この簡易モードではセル検索とセル置換のみ行えます。

その他のタブボタン


ミニウィンドウモード2の左下の左三角ボタンを押すと左側にリングメニューが表示されます。
中央の?アイコンをクリックすると操作方法が表示されます。


リングに配置されているアイコンはミニウィンドウモード2にはないタブのアイコンで、
マウスを置くと説明が表示されます。


上中央の赤枠のアイコンが現在選択されているアイコンです。
←キーまたは→キーでリングを回転させてアイコンを選択します。
→キーを3回押して、チェックのアイコンを選択状態にしました。


この状態でEnterキーを押すと、フルウィンドウモードのチェックタブが表示されます。


正規表現入力シート


右下の◆ボタンを押すと「正規表現入力シート作成」と「正規表現入力シート読込」のメニューが表示されます。
「正規表現入力シート作成」を選ぶと、正規表現入力シートの新規ブックが作成されます。


A列には正規表現の種類を選択して入力します。


A列の選択内容に応じて、B列〜E列の背景色が設定されます。
灰色は入力不要の列で黄色は入力可能の列になります。


下図のように入力しましたが、これは「任意の文字を3回以上5回以下で最短一致で繰り返す」を意味します。


引き続き下図のように入力して、入力完了しました。


この正規表現入力シートを選択した状態で、ダイアログを立ち上げて、◆ボタンの「正規表現入力シート読込」を選択すると、
正規表現入力シートの入力内容から正規表現が作成され、ダイアログの検索する文字列にセットされます。



右クリック設定変更

タブ上での右クリックメニューで設定の確認と変更ができます。


条件欄は設定項目の検索条件で、未入力の場合は、すべての設定項目が検索されます。
入力時は入力文字列を含む設定項目が検索されます。
条件欄を選択してEnterキーまたはTabキー押下または設定検索選択で検索されます。
右クリックメニュー内の入力エリアはEnterキーまたはTabキーで確定する必要があるため、
入力エリアに文字列を入力してEnterキーを押さずに設定検索を選択しても、入力前の状態で検索されます。
すべての設定項目検索時は下図のように表示されます。


現在の設定状況が表示されます。
設定項目を選択することで、オン、オフを切り替えることができます。


フルウィンドウモードで確認すると、変更されています。


文字列検索時の例です。



クリップボード文字列検索

右クリックメニューからクリップボードの文字列をすべて検索します。
検索したい文字列をクリップボードにコピーします。


右クリックメニューの「クリップボードの文字列ですべて検索」を選択します。


検索結果が表示されます。



正規表現検索に戻ります

トップに戻ります


お探しの情報は見つかりましたか?
まだの方はこちらをどうぞ。
Google

PageTop