DS編集君使用方法


概要

データセットをバイナリ形式でダウンロードします。
各項目を定義した定義ファイルを作成します。
DS編集君を起動して定義ファイルとバイナリファイルを読み込ませます。
データセットのデータがExcel化されます。


定義ファイル


上記のような項目定義ファイルを作成します。
1行目:項目名
2行目:属性
 C:文字
 G:漢字
 X:ヘキサ(コード無変換16進)
 Z:ゾーン10進数
 SZ:符号付きゾーン10進数
 P:パック10進数
 SP:符号付きパック10進数
 B:バイナリ
3行目:バイト数
4行目:オプション
 数値で小数点以下の桁数がある場合に、小数点以下の桁数
 漢字でシフトコードを含む場合、S

コピー句のテキストファイルがあれば、自動作成が可能です。


定義作成ボタンを押し、コピー句のテキストファイルを指定します。


Excel化

レングス欄にレコードレングス(バイト数)を入力します。
DS変換ボタンを押します。


まず、定義ファイルを指定します。


次に、ダウンロードしたデータのバイナリファイルを指定します。


Excel化されました。


ちなみに、ダウンロードしたデータは、以下のものです。



データセット作成

Excelでデータを作成して、データセットにアップロードするための
バイナリファイルを作成できます。
上記でExcel化したファイルを以下のように編集しました。
(わかりやすくするために変更箇所の文字色を赤色にしています。)


レングス欄にレコードレングス(バイト数)を入力します。
DS作成ボタンを押します。


先程変更したExcelファイルを指定します。


バイナリファイルが作成されました。


このバイナリファイルをバイナリ転送でアップロードします。


DS編集君に戻ります

トップに戻ります


お探しの情報は見つかりましたか?
まだの方はこちらをどうぞ。
Google

PageTop